トップページへ

カラーモード : colorMode

Processing における色の表現方法

色を指定する方法(カラーモード)には次の4つがあります。

グレースケールモード
 1つの数値を使い、黒から白までの明るさを、256段階の間で指定するモードです。
 0で真っ黒、255で真っ白となります。

RGBモード
 R(赤)、G(緑)、B(青)の3つの数値で色を指定するモードです。
 R, G, Bの値が全て同じ数値である場合は色の無いグレースケールの色となり、
 これはグレースケールモードでその数値で指定した場合と同じ色になります。

HSBモード
 H(色相)、S(彩度)、B(輝度)の3つの数値で色を指定するモードです。
 H(Hue)は赤・青・緑のような色味の違い、S(Saturation)は色の鮮やかさ、B(Brightness)は色の明るさです。

16進数カラーコードモード
 #で始まる6桁の数字でRGB色を指定します。HTML/CSSでよく使われる色指定方法です。
 2桁ごとにR,G,Bの値を指定し、例えば #ff0000 は赤色、#00ff00は緑色になります。

カラーモードは colorMode 関数を使って切り替えます。
カラーモードはデフォルトではRGBに指定されているので、RGBモードで色指定を行なう場合は colorMode 関数を使う必要はありません。

サンプル

コード

色の数値の範囲を変更する

グレースケール値やRGB値、またHSB値は、デフォルトでは 0 から 255 の範囲の値になっています。
つまり、グレースケール値であれば 0 で最も黒く、255 で最も明るく(白く)なります。

この値の範囲は、変更することができます。colorMode 関数の引数に、各値の最大値を与えます。

colorMode( HSB, 360, 100, 100 );
 Hは 0 から 359 までの360段階で、H, Bは 0 から 99 までの100段階で指定されるようになります。

colorMode( HSB, 100 );
 H,S,Bの値はどれも 0 から 99 までの100段階で指定されるようになります。

サンプル

コード

15行目と19行目はどちらも fill( 0, 100, 0 )と、同じ引数の値で色を指定しています。ですが、描かれる円の色は異なっています。