トップページへ

予約語とシステム変数

予約語とシステム変数とは

変数の名前は基本的にユーザが自由に付けることができますが、一部の名前はあらかじめ Processing の側で定義されており、自由に使うことはできません(予約語)。そのような例としては:
 - 制御構造に関するもの(if, whileなど)
 - プログラムの構成要素に関するもの(int, float, void, classなど)
 - Processing の組み込み関数名(size, line, rectなど)
などがあります。

また、よく使う可能性のある値は Processing の側でシステム変数として定義されており、このような変数もユーザが自分の変数名として使うことはできません。システム変数としては以下のようなものがあります。
 - width, height(ウィンドウの横幅と縦幅)
 - mouseX, mouseY(マウスのX座標、Y座標)
 - key, keyCode(押されたキーの値)

システム変数の使用例として以下にコードを示します。mouseXmouseY には現在のマウスの位置(カーソルの位置)が入っているので、これを利用して、カーソルの存在位置に円を描いています。また widthheight にはウィンドウのサイズが入っているので、円のサイズはこれを使って定義しています。


実行結果